無用庵

スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東海道(水口~草津)東海道(川崎~品川)Index東海道(川崎~品川)東海道(川崎~品川)
*Edit TB(-) | CO(-) 

膝栗毛

東海道(草津~三条大橋) 

<53.大津 三条大橋>
草津駅(9:45)→草津本陣(9:50)→瀬田の大橋(11:45)→大津本陣跡(13:50)→逢坂山の碑(14:10)→三条大橋(16:45)


歩行距離:約26km
歩行時間:約6時間30分


草津本陣
<草津本陣>


雪の天気予報を気にしながら、家を出発。関ヶ原付近は雪がなかったので大丈夫そうだったが、草津駅の一つ手前の守山駅では横殴りの雪が降っていた。草津駅は幸い少し雪が混じる程度の雨。カッパを着て出発。前回歩いた追分けの碑、草津本陣を通る。野路の玉川、月輪池を通り、建部大社の脇へ。建部大社は近江國の一宮だ。時間があるときに又訪れたい。そこを過ぎるとすぐに瀬田の唐橋だ。比叡山だろうか?真っ白く雪化粧をしている。京阪石山本線のわきを通って大津宿へ。瓦ヶ浜の駅でカッパを脱ぐ。雨はもうだいぶ前に止んでいる。ローソンでトイレを借り、おにぎりを食べる。
途中、義仲寺を通る。義仲、松尾芭蕉の墓があるらしい。又雪がちらほらと降ってきた。街道の曲がり角を見落とすが、道を戻り難を逃れる。
大津の本陣跡には天皇の碑が立っている。大津も路面電車が走り、風情のある街だ。ここから逢坂山の坂を登っていく。ここは、昔からの交通の要所であるらしい。国道、線路が何本もここを通っている。坂を下ると新しくできた道により、歩道がなくなっている。観光バスの入るお菓子屋さんの人に聞くと地下道を通って渡るらしいがわかりにくい。大回りして反対側に出ると、三条方面は右へとある。歩道を渡って反対側に出る。おばさんが反対側から歩いてきたので、「三条大橋に行きたいんですけど。」「この道でいいんですけど、わたしらも当たらしい道ができてこまてます。いぜんは一本道でわかりやすかったんですけど。」ここからはひたすら三条大橋を目指す。将軍坂からは、京都東山の寺や塔が見える。京都だ。坂を下る。だんだんに人影が多くなる。もう少し時間がかかると予想していたが、16時15分、予定通り三条大橋に到着した。





瀬田の唐橋
<瀬田の唐橋>


大津本陣跡
<大津本陣跡>


逢坂山の碑
<逢坂山の碑>


三条大橋
<三条大橋>
スポンサーサイト
東海道(水口~草津)東海道(川崎~品川)Index東海道(川崎~品川)東海道(川崎~品川)
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  • 東海道(水口~草津)
  • 東海道(川崎~品川)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。