無用庵

スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何の卵でしょう宇和海Index宇和海宇和海
*Edit TB(-) | CO(-) 

膝栗毛

東海道(石薬師~関) 

<45.庄野 46.亀山 47.関>


加佐登駅(9:30)→庄野宿(10:00)→亀山宿(12:15)→関宿(14:00)→関駅(14:29)


歩行距離:約14km
歩行時間:約5時間(休息時間を含む)


関宿
<関宿>




青春18切符が解禁になったので東海道の上りに挑戦。距離が遠くなったため割安切符を使わないと金銭的に少し大変である。どうやら梅雨は明けたらしく、真夏の強い光が照りつける。9時30分加佐登駅を出発。日陰を探して歩くが、太陽はほぼ真上から照りつける。庄野宿にはすぐに到着。資料館で高札を見せて頂く。かなり大きな札で墨の部分だけが盛り上がっている。日差しが強いのでUVクリームを買おうとするが、旧道にはコンビニエンスストアはほとんどない。車道とぶつかったところに1軒あったが少し後戻りするためあきらめた。2時間歩いたところに「コメリ」があったため、UVクリームを購入。店内にあった踏み台をいすにして少し休息をとる。あさ早かったため食料は既になし。次の食堂で休もうと決めるがなかなか店はない。亀山宿に入ったところで古い木造の食堂があったが、「店内改装のため23日より。」とある。少し離れてコンビニがあったがほとんど食料はなくジュースのみ購入。灼熱の中、亀山宿を過ぎる。国道1号に沿った所に喫茶店を発見。冷房の送風口の所の席をとりほてった体を冷やす。お冷やも一気に飲み干す。おしぼりも気持ちがよい。ツナおろしスパゲッティとアイスコーヒーを注文。780円なり。1時間ほど歩くと関宿だ。東海道で一番趣を残している所というだけあって観光客が多い。関宿夏祭りの期間中らしい。関宿をほぼ歩き、関駅に向かう。駅に着くとちょうど14:29発の電車が来た。名古屋を16:28の特別快速に乗り、家に19:00ごろ着いた。


荘野宿
<庄野宿>


亀山宿
<亀山宿>
スポンサーサイト
何の卵でしょう宇和海Index宇和海宇和海
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  • 何の卵でしょう
  • 宇和海

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。