無用庵

スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤマトリカブト丸ポスト15Index丸ポスト15丸ポスト15
*Edit TB(-) | CO(-) 

読書

街道をゆく 夜話 

<街道をゆく 夜話> 司馬遼太郎著 朝日文庫
1986年2月「小説新潮」に発表された「裾野の水ー三島一泊二日の記」が楽しく読めた。

旅というのは、話の継穂に似ていて自分がその土地についてかすかにでも知っていることをよすがにして実感を深めたい衝動に駆られる。それだけのことである。(P98)



帰路、富士の話になった。
「三島では年に八十何日も見えるんです」
ぜいたくなまちです、と運転手さんはいった。私などこのとしになるまで通計十五日間も富士を見ただろうか。(P109)

スポンサーサイト
ヤマトリカブト丸ポスト15Index丸ポスト15丸ポスト15
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  • ヤマトリカブト
  • 丸ポスト15

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。