無用庵

スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
走り梅雨博士の愛した数式Index博士の愛した数式博士の愛した数式
*Edit TB(-) | CO(-) 

読書

失敗のメカニズム 

<失敗のメカニズム 芳賀繁著 角川ソフィア文庫>
車で帰宅途中、曲がるべき所をまっすぐに進んでしまうことがある。
前日、ガソリンスタンドでギアの入れ方がわからなくなった。
疲れか、ボケか、はたまた、アルツハイマーか?

著者は、電車や自動車など標準化されていない装置があり、事故を起こしやすいという。
日本車は、右手より左手で多くの操作をするが、欧米車は逆である。
右利きの人が多いことを考えると、欧米車の方が理にかなっているという。左ハンドルの車を運転したことがないのでわからないけど、なるほどと思った。日本の道路も、自動車は左側通行にし、左ハンドルの世界標準化をはかるべきではないだろうか。今、欧米化されたら、私の車が曲がるたびにワイパーが作動すると思うけどね・・・・
スポンサーサイト
走り梅雨博士の愛した数式Index博士の愛した数式博士の愛した数式
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  • 走り梅雨
  • 博士の愛した数式

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。