無用庵

<ブログなるホームページに我が日々の由無し事を載せむと思ふ>眉引

  プルダウンメニューや、カレンダーの日付を選んでクリックすると、その月・日に更新された記事一覧が表示されます。

【  2007年06月  】 更新履歴 

  --.--.  【 スポンサー広告 】  スポンサーサイト   記事を読む▼
  06.30.  【 膝栗毛 】  東海道(吉田-御油-赤坂-藤川-岡崎)   記事を読む▼
  06.29.  【 昆虫類 】  ナナフシ   記事を読む▼
  06.29.  【  トンボ目 】  アキアカネ   記事を読む▼
  06.29.  【  トンボ目 】  アオモンイトトンボ   記事を読む▼
  06.19.  【  マ行 】  ミクリ   記事を読む▼
  06.16.  【 絵画 】  観音寺(遠江24番)   記事を読む▼
  06.13.  【 十七文字 】  6月富士   記事を読む▼
  06.10.  【 絵画 】  結縁寺(遠江1番)   記事を読む▼
  06.10.  【 野鳥 】  ウグイス   記事を読む▼
  06.10.  【 日記 】  桃の収穫   記事を読む▼
  06.10.  【 三十一文字 】  うぐいす   記事を読む▼
  06.09.  【 読書 】  東海道居酒屋五十三次   記事を読む▼
  06.09.  【 読書 】  数学物語   記事を読む▼
  06.09.  【 読書 】  いやでも楽しめる算数   記事を読む▼
  06.09.  【 読書 】  世にも美しい数学入門   記事を読む▼
  06.09.  【 読書 】  博士の愛した数式   記事を読む▼
  06.09.  【 読書 】  失敗のメカニズム   記事を読む▼
  06.09.  【 十七文字 】  走り梅雨   記事を読む▼
  06.04.  【 日記 】  蓬莱橋とムシトリナデシコ   記事を読む▼
  06.04.  【 topfot 】  ブルーインパルス   記事を読む▼
  06.03.  【 膝栗毛 】  東海道(舞阪-新居-白須賀-二川-吉田)   記事を読む▼
  06.03.  【 丸ポスト 】  丸ポスト3   記事を読む▼

◆前月     ◆2007年06月       ◆翌月



スポンサーサイト  

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-)  ▲PageTop


東海道(吉田-御油-赤坂-藤川-岡崎)  

膝栗毛

34.吉田(10.2km)35.御油(1.7km)36.赤坂(8.8km)37.藤川(6.6km)38.岡崎


豊橋駅8:40→御油松並木12:00→赤坂宿食事処あいりん(12:15~12:35)→藤川宿(15:30~15:50)→東岡崎駅(17:45~17:52)


歩行距離:約27.3km
歩行時間:約8時間



吉田宿

前回はここで打ち止めをしました。
ここから、スタートです。


豊川

すぐに、豊川を渡ります。


御油の松並木

御油の松並木です。
国の天然記念物に指定されているそうです。


赤坂宿

赤坂宿の「あいりん」という店で食事をとりました。
五目ご飯セット700円でした。


藤川西棒鼻

藤川宿の東棒鼻です。
広重の絵に描かれていると言うことで平成元年復元されたそうです。
藤川で打ち止めにしようと思ったのですが、日が高いので、岡崎まで歩くことにしました。


名鉄 東岡崎駅

東岡崎駅から豊橋駅まで名鉄電車で540円です。
8時間ほどかけて歩いてきた道も、電車だとわずか20分ほどです。
豊橋からは、休日フリーキップです。
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



ナナフシ  

昆虫類

ナナフシ

Phasmatodea ナナフシ目
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



アキアカネ  

 トンボ目

アキアカネ

Sympetrum frequens
アキアカネ 雄の未成熟個体だと思われます。
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



アオモンイトトンボ  

 トンボ目

アオモンイトトンボ

Ischnura senegalensis
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



ミクリ  

 マ行

ミクリ

Sparganium erectum
*Edit TB(0) | CO(1) ▲PageTop
 Comment List

お久しぶりです☆

すごいのみつけましたよ♪
http://jeeee.net/url/13750.html
なつき ▲EntryTop


観音寺(遠江24番)  

絵画

岩崎山観音寺

島田市志戸呂
地図にもない無住の寺である。
すぐ裏手には、新東名ができている。
開通すれば、観音様もさぞ うるさかろう。
岩崎山観音寺

*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



6月富士  

十七文字

6月富士

<六月の雲の上より富士の嶺>眉引
子どもの学童のお迎え帰りに撮りました。
久しぶりに見たような気がします。
だいぶ雪が減りました。
梅雨にはいるとまた、しばらく見られそうにありません。
*Edit TB(0) | CO(1) ▲PageTop
 Comment List

私の住んでいる所からは、富士山が見えないので
とてもうらやましいです。
mayobiki ▲EntryTop


結縁寺(遠江1番)  

絵画

結縁寺

掛川市結縁寺


結縁寺

掛川花鳥園のすぐ近く。
花鳥園の駐車場は車でいっぱい。
お寺の場所がわからなかったので、
農作業をしている人に「結縁寺どこ?」って聞いたら
「ここだよ。」と言う。
お寺の名前が地名になっているのだ。
「お寺は?」と言うと
「もう少し先だよ。誰もいないよ。」
と教えてくれた。
ここも、無住の寺だ。
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



ウグイス  

野鳥

ウグイス

Cettia diphone
今日も朝からウグイスの鳴き声がうるさいので、雨の合間をぬって宿探しに出かけました。
見つけました。
家の植え込みの木を飛び回っていました。
声はすれども、姿を現さないので、撮影には一苦労です。
見づらい画像でごめんなさい。
ウグイス

*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



桃の収穫  

日記

桃

昨年まで何百個となっていた桃の木です。
冬にシルバーの方に、枝を剪定してもらいました。
今年実をつけたのは、わずかに10個。
袋をかけて大切に育てました。
今日、わずか2この初収穫です。
袋は連日の雨で落ちていたものもありました。
袋に水が入り痛んでしまい、ショウジョウバエのたくさん入っていた桃もありました。
例年より大きな桃を1こ食べてみました。
おいしかったです。
人にあげられないのが残念です。
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



うぐいす  

三十一文字

<いかずちに まけじひねもす わがにはに
きせつはずれの うぐいすのこゑ>眉引


最近、我が家の庭で 鴬がずっと囀っています。
春告げ鳥っていうのに・・・?
この時期、こんな平地にいるのかな?
ちなみに、我が家の海抜は約11m。
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



東海道居酒屋五十三次  

読書

<東海道居酒屋五十三次 太田和彦著 小学館文庫>
著者、イラストレーターが弥次、喜多となり、東海道筋の居酒屋を求めて旅する楽しい本。
居酒屋のことだけでなく、東海道のことについても随所に書かれている。
七里の渡しを嫌い、陸路をつかった旅人がかなりいたことを初めて知る。
佐屋街道といい、名古屋の近くを通り、桑名に抜ける道がちゃんとある。
東海道歩きのガイドブックにはその紹介はほとんど無い。
私も、佐屋街道を歩いてみたい。
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



数学物語  

読書

<数学物語 矢野健太郎著 角川ソフィア文庫>

かけ算九九は5×5までを知っていれば、指を使ってあとの計算はできるというおもしろい方法が載っていました。 
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



いやでも楽しめる算数  

読書

<いやでも楽しめる算数 清水義範著 講談社文庫>

算数の文章題は、意味不明なものが多く算数嫌いが増えているのでは?
と著者はいっていますよ。小学校の先生方、いかがですか?
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



世にも美しい数学入門  

読書

<世にも美しい数学入門 藤原正彦 小川洋子共著 ちくまプリマー新書>

論理的に考えを進めていけば、全てがいつかはわかるというのは間違いで、わからないことが増えていくことはすでに証明されている。
昔の人よりも、今の人の方が解決できない問題が加速度的に増えている。いかにコンピュータが発達して、全人類が英知を結集したとしても、わからない問題は決して無くならない。答えがあったとしても人間には解けない問題がある。
こう、解釈しておこう!!
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



博士の愛した数式  

読書

<博士の愛した数式 小川洋子著 新潮文庫>
先日、テレビで映画化されたものを観た。
おもしろかったので、原作を買って読んだ。
映画と本筋は同じだが、ところどころ違っていておもしろかった。
また、おもしろい映画を観たら、原作を読んでみようかな。
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



失敗のメカニズム  

読書

<失敗のメカニズム 芳賀繁著 角川ソフィア文庫>
車で帰宅途中、曲がるべき所をまっすぐに進んでしまうことがある。
前日、ガソリンスタンドでギアの入れ方がわからなくなった。
疲れか、ボケか、はたまた、アルツハイマーか?

著者は、電車や自動車など標準化されていない装置があり、事故を起こしやすいという。
日本車は、右手より左手で多くの操作をするが、欧米車は逆である。
右利きの人が多いことを考えると、欧米車の方が理にかなっているという。左ハンドルの車を運転したことがないのでわからないけど、なるほどと思った。日本の道路も、自動車は左側通行にし、左ハンドルの世界標準化をはかるべきではないだろうか。今、欧米化されたら、私の車が曲がるたびにワイパーが作動すると思うけどね・・・・
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



走り梅雨  

十七文字

<歩行旅に出たきも昼寝 走り梅雨>眉引
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



蓬莱橋とムシトリナデシコ  

日記

蓬莱橋とムシトリナデシコ

この時期、大井川の河原はピンクの絨毯を敷き詰めたようになります。
その正体は、
ムシトリナデシコ

です。
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



ブルーインパルス  

topfot


ブルーインパルス

<2007.5.13~2007.6.04>
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



東海道(舞阪-新居-白須賀-二川-吉田)  

膝栗毛

30.舞阪31.新居32.白須賀33.二川34.吉田
歩行距離:約25km
歩行時間:約7時間


JR弁天島駅(8:46)→新居関所(9:40)→新居棒鼻(10:00)→おんやど白須賀(11:14~11:30)→県境(12:11)→二川本陣跡(13:20)→吉田宿石碑(15:38)→豊橋駅(15:50)

新居関所

新居の関所 現存するのはここだけ。



紀伊国屋

新居宿の旅籠「紀伊国屋」


白須賀

白須賀宿の休息所兼資料館。
お茶を頂く。


汐見坂

汐見坂 遠州灘がよく見える。


愛知県入り

正午ごろ、静岡県から愛知県へ。
ここからしばらくは1号線バイパスを歩く。
車の通りが激しくうんざりする。

清明屋

二川宿の旅籠「清明屋」
隣には二川の本陣跡が資料館として再建されている。

吉田宿

吉田宿は都市化のため、宿場の面影がほとんど残っていない。
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



丸ポスト3  

丸ポスト

丸ポスト

豊橋市二川
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



M E N U

 サイトマップ


 更新履歴カレンダー


 カレンダー


 カテゴリー


 最近の記事


 最近のコメント


 最近のトラックバック


 月別アーカイブ


 プロフィール


 訪問履歴


 ブロとも申請フォーム


 ブログ内検索


 RSSフィード


 リンク


 フリーエリア


 RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。