無用庵

<ブログなるホームページに我が日々の由無し事を載せむと思ふ>眉引

  メニュータイトルをクリックするとコンテンツが開閉します。 プルダウンメニューや、カレンダーの日付を選んでクリックすると、その月・日に更新された記事一覧が表示されます。

スポンサーサイト  

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-)  ▲PageTop


アイススケート初滑り  

まど・もも

スケート1

アイススケート、今シーズン初滑りです。
豊橋まで行ってきました。
9:00~13:00まで4時間も滑っていました。



スケート2

小1の娘はアイススケートの経験は今日で2度目です。
結構、上手に滑ります。
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



伊豆の国ポタリング  

膝栗毛

狩野川さくら公園P(8:44)→日守山公園(9:12)→市役所前足湯(9:43~9:52)→熊坂橋(10:28)→狩野川さくら公園P(11:09)→江川邸(11:49)→蛭ヶ小島(12:01~12:07)→韮山反射炉(12:15~12:18)→狩野川さくら公園P(12:34)
<走行距離約38km>
<走行時間約4時間>



伊豆の国ポタ1

伊豆の国市役所の敷地内にある<姫の足湯>。
飲湯もできる。
コップ一杯の源泉をいただいた。


伊豆の国ポタ2

狩野川の向こうにそびえる城山



伊豆の国ポタ3

1160年、源頼朝の流刑地



伊豆の国ポタ4

江川太郎左右衛門が作ったと言われる韮山反射炉。
関東ナンバーの観光バスが数台止まっていた。


<めおと湯>で汗を流し、伊豆長岡温泉のまんじゅうを買って帰宅。
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



テングチョウ  

 チョウ目

テングチョウ

Libythea celtis
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



コメナモミ  

 カ行

コメナモミ

Siegesbeckia glabrescens
*Edit TB(0) | CO(2) ▲PageTop
 Comment List

知りませんでした

メナモミって言うのがあったのですね?
オナモミの仲間でしょうか?
森のどんぐり屋 ▲EntryTop

メナモミ

メナモミもあるようです。
コメナモミよりも茎に長い毛が付いていて、
花もたくさんついているようです。
コメナモミでよいと思うのですが・・・
わたしもはじめはオナモミかと思ったのですが、
ちょっと違うようなので調べてみました。
mayobiki ▲EntryTop


ヒメヤママユ  

 チョウ目

ヒメヤママユ

Caligu japonica
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



朝霧より  

未分類

20061025085514
富士山が顔をだしました。
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



朝霧高原  

未分類

20061025061935
富士山頂上が少しだけ見えています。
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



あわだちさう  

十七文字

あわだちさう

<対岸は金谷宿なり あわだちさう>眉引
*Edit TB(0) | CO(2) ▲PageTop
 Comment List

おとなしくなって

あわだちそう 日本の秋に馴染みたり

森のどんぐり屋 ▲EntryTop

せいたかあわだちそう、帰化植物で、喘息の原因としてもかなり悪者にされていました。
この頃は、その風評もあまり聞かなくなりました。
何しろ、99.9パーセントがだと言うのですから、何が真実かはあまり当てにできません。
緑の多い日本の風景、背高泡立草の黄色はかなり絵になると思います。
もはや日本の秋の植物の代表格といっていいでしょう。
<きりんそう 世界で一番長き橋>
mayobiki ▲EntryTop


クロスバイク  

膝栗毛

クロスバイク1

前々から欲しかったクロスバイク。
ついに買ってしまいました。
<GAIANT ESCAPE R-3>
2007モデルは2006モデルとほとんど変わらない仕様で5000円も高くなると言う。
色は選べなかったけれど、在庫がまだあり2006モデルが手に入った。
早速、試走。
スコットのフォールディングバイクの時と同じく、大井川河川敷のマラソンコース、リバティへ。
前輪のワイヤーをはめるのに苦労をする。
13:10富士見橋発。


クロスバイク2

途中、世界一長い木の橋としてギネスブックにものっているという<蓬莱橋>の下をくぐる。
来週の日曜日29日は、<ねんりんピック>開催される。
一般の利用不可の看板も立っている。
しかし、本日は行き交う人や自転車でいっぱいである。
工事中の第2東名の橋のたもとの折り返しまで到達。(14:00)
東海道53次の宿場のモニメントが日本橋から順番に間隔をあけて立ててある。
折り返しあたりは、亀山宿となっている。
そこにクロスバイクを立てかけ、すこし休息をする。


クロスバイク3

このあたりの川では、長い竿をもった太公望たちで賑わっている。
鮎の友釣りだ。


クロスバイク4

復路は、向かい風となる。
ギヤを軽めに走る。
富士見橋の手前2kmぐらいで雨がぽつぽつ落ちてきた。
大雨にぬれることなく駐車地点まで戻ってくることができた。
(15:00)
およそ2時間、30kmぐらいの走行だろうか?
いい汗がかけた。
車のトランクルームはこんな感じである。
下には今まで使っていたフォールディングバイクが収納されている。

*Edit TB(3) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



読書感想画コンクール  

まど・もも

モモちゃんの夏休みに描いた絵が、
県立美術館に貼ってあるというので、
家族で出かけました。

感想画1

特別賞は学年22点のようです。
金賞は各学年10点ずつです。


感想画2

モモちゃんの作品がここにありました。
1年生の銀賞のコーナーです。
各学年100点ずつです。
県内募集なのでそれでも凄いと思います。


感想画3

一番上に貼ってあったので、画像がゆがんでしまいました。
*Edit TB(0) | CO(2) ▲PageTop
 Comment List

すごく上手な絵ですね!
おいくっこ ▲EntryTop

おいくっこさんへ

今年もモモちゃんはがんばって読書感想画を描いていました。
コンクールが楽しみです。
mayobiki ▲EntryTop


タオ  

読書

<タオ 老子 加島祥造著 ちくま文庫>
老子の「道徳経」を現代に即した詩訳してある。
そのため、読みやすいし、わかりやすい。
「上善如水」
「大器晩成」
「和光同塵」
「大旨如拙」
などの言葉はここから出ていることがわかった。
老荘の教えは私にとってはたいへん良い。
しかし、社会的にはまだまだ儒教的な道徳観が多く存在していている。
よって、とても生きにくい。
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



無断乗車  

 チョウ目

蛾

通勤の時、ふとドアミラーに目をやると、1匹の蛾。
我が家から職場まで約15分。
ずっとわたしの車に乗って来ました。
今日は蛾と同伴でした。
さすがに、帰りを待っていてはくれませんでした。
ウスキツバメエダシャク
Ourapteryx nivea
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



戒名と日本人  

読書

<戒名と日本人 保坂俊司著 祥伝社新書>
日本人的な考えから言うと、死んでしまえば生前の行いはチャラになると言う。
靖国神社に祀られた人が、A戦犯あろうと関係がなくなるという。
死んだ人の功績をいつまでも残しておくことになるとこの世のことがうまく進まなくなるからだそうである。
それが日本的な考え方であり、中国や韓国の考え方とだいぶ違うのだそうだ。
そこのところの説明がうまくいくと中国や韓国との靖国問題は和らぐという。
しかし、とてもこの考えは、中国や韓国で理解されることはあるまい。
次に戒名についてである。
戒名には「順修戒名」と「逆修戒名」がある。
「順修戒名」は、死後に坊さんからつけてもらうものであり、「没後作僧」とよばれる。
「逆修戒名」は生前につけておく戒名である。
「逆」の意味は「さかさ」という意味ではなく、「あらかじめ」という意味である。
私も、上杉謙信や武田信玄などの様にあらかじめ戒名をつけておけたらと思う。
我が家は、曹洞宗である。
位号は、祖先にならって「居士」と「信士」の間に位置する「上座」になるのであろう。
あとは道号(2文字)と戒名(2文字)を決めればよいこととなる。
戒名の内1文字は俗名からつけると残りは3文字。
これから、好きな漢字、自分にふさわしい漢字を3文字さがして自分でつけたい。
生まれるときは、自分で名前は付けられなかった。
死後の名前は、自分でつけるのが一番良いと私は思う。
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



どこにいるのでしょうか?  

 チョウ目

クロコマノチョウ

クロコノマチョウ(Melanitis phedima)。
どこにいるのでしょうか?


*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



何をしているのでしょう?  

 カマキリ目

カマキリ

チョウセンカマキリ(Tenodera angustipennis)。
普通にカマキリともよばれる。
葉の下にたくさんかたまっています。
何をしているのでしょうか?


*Edit TB(0) | CO(2) ▲PageTop
 Comment List

???

これは、ほんとうに「何を?」ですね。
♀の争奪戦かしら?
なにかわかると面白そうです。 わかったら教えてくださいね。
森のどんぐり屋 ▲EntryTop

???

カマキリがこんなにかたまっているのを見たのは、
初めてだったので、パシャリ。
わたしも、♀の争奪戦かと思うのですが、
誰かわかる方教えてください。
mayobiki ▲EntryTop


お祭り  

日記

20061015144729.jpg

わが町内会の子ども屋台です。
町内を回り、お祝儀を集めます。
所々で屋台を止め、踊りの披露をします。
私たちの子どもの頃は、神社でお参りをして、
金魚すくいなどの出店をひやかしただけでした。
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



菊川祭典  

十七文字

20061015122051.jpg

<秋祭り五つ時より笛太鼓>眉引
うちの嫁さんの実家のお祭りによばれて行ってきました。
遠州の祭りは、活気があります。
9月の日坂から始まり、11月の森のお祭りまで、毎週末どこかでピーヒャラ、ピーヒャラやっています。


20061015122031.jpg

うちの嫁さんの実家んとこの屋台はとにかく豪華なんです。
続きをご覧ください。



*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



サントリーニ?  

topfot

サントリーニ

2006/8/30~2006/10/14
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



中田島ポタリング  

膝栗毛

中田島ポタ

10月14日(土)9:30~11:00
走行距離:約10km
走行時間:約1時間30分
天竜川河口P(9:30)→江之島水泳場(9:55)→中田島海浜公園(10:00~10:05)
→中田島砂丘(10:10~10:30)→天竜川河口P(11:00)


*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



波濤  

三十一文字

波濤詩

波濤

<秋高し遠州灘の波濤の碑ちょうげんぼうは何を狙うか>眉引
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



チョウゲンボウ  

野鳥

チョウゲンボウ

Falco tinnunculus
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



陽と陰  

陽の雲

今朝、こんな雲が出ていました。



陰の雲

10月7日(土)には、こんな雲が出ていました。


今日の雲は、陽気な感じです。
10月7日の雲は陰気な感じです。

手には、陰の手、陽の手ってぇのがあるそうで。
陰の手というのは、手のひらが下を向いた状態を言うようで、
幽霊が「うらめしや~」って出てくるときの手なんだそうです。
逆に陽の手ってぇてぇのは、
お祭りの御輿を担ぐときの手の平が上を向いた手なんだそうです。
喧嘩が始まったときは、
「まあ、まあ」と陰の手で静めなければならない。
これを陽の手で煽るってえと、
喧嘩がさらにはげしくなちまう。
さしずめ、今朝の雲は<陽の雲>とでも言うんでしょうか。
今週末は当地のお祭りもあることですし、
天の方でも盛り上げてくれてるって、
あっしぁ、
そうとりたいと思いますが、
いかがなもんでござんしょうか?

*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



蛾5  

 チョウ目

蛾8

*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



蛾4  

 チョウ目

蛾5

*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



蛾3  

 チョウ目

蛾4

*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



テンクロアツバ  

 チョウ目

蛾3

Rivula sericealis
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



シロオビメイガ  

 チョウ目

蛾1

Thymus spp

 
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



新釈落語咄  

読書

<新釈落語咄 立川談志著 中央公論社>
談志師匠の落語は、CDでいくつか聞いた。
この本で読んだ談志語録をいくつか記しておきたい。

*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



秋の空  

十七文字

秋の空

<秋の空 落語マクラに本を読み>眉引
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



吉田城  

絵画

吉田城水彩

<水彩F3>


*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop
 Comment List



M E N U

 サイトマップ


 更新履歴カレンダー


 最新記事一覧


 カレンダー


 カテゴリー


 最近の記事


 最近のコメント


 最近のトラックバック


 月別アーカイブ


 プロフィール


 訪問履歴


 ブロとも申請フォーム


 ブログ内検索


 RSSフィード


 リンク


 フリーエリア


 RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。